オタクの女性

喘息や気管支炎の症状

喘息発作を起こす人

喘息や気管支炎はどれも呼吸器系の病気で、気管支(気道とも言います)の粘膜が慢性的に炎症を起こしている状態です。気管支に炎症が起こると、気管支が様々な刺激に対して過敏になり、免疫がそれに反応して疸を多く出すことで気道の幅が狭くなり呼吸をしにくくなってしまいます。

喘息は日本で400万人もの人が発症しているアレルギー性の病気です。咳や呼吸時の喘鳴(ぜんめい)、痰、息切れ、息苦しさ(呼吸困難)などが喘息の代表的な症状です。 喘鳴というのは、呼吸のたびに気道がヒューヒュー、ゼーゼーと鳴る症状です。

気管支炎とは、喘息と同じく気管支が炎症を起こしている状態ですが、咳や痰にともなって発熱することが多いようです。風邪などがきっかけで咽頭炎や上気道炎をこじらせて発症するケースが多いとされています。症状が悪化すると、肺炎を併発する危険性がある病気です。

どちらも最悪の場合死に至る可能性がある怖い病気です。子どもがかかりやすい病気ではありますが、最近では大気汚染やストレスの多い社会であることから、大人でも掛かりやすくなっていると言われています。

これらの治療によく使用されているのがインヘラーであり、さまざまな種類が発売されています。アスタリンインヘラーもその中のひとつで、他のインヘラーと比較して心臓に優しいと言われています。

アスタリンインヘラーは日本では手に入らないお薬なので、個人輸入で海外から取り寄せる必要があります。自分で輸入するのは大変なので、個人輸入代行業者が運営する通販サイトから注文・購入して自宅まで発送してもらうのが良いでしょう。なかでも『お悩み宅急便』という通販サイトは信頼性が高くオススメのサイトです。