オタクの女性

おとな喘息の恐怖

咳込む女性

喘息といえば子どもが主にかかる病気という認識が強いかと思います。たしかに、子どもはアレルギーに対する免疫力が大人に比べると弱く、アレルゲンや気温の変化などで喘息を起こしやすいと言われています。

しかし、最近では大気汚染や過剰なストレス、喫煙習慣などさまざまな要因で大人でも喘息を発症することが増えているようです。子どもの喘息患者が人工の7%を占めているのに対して、大人喘息の患者は3〜4%にも及びます。このことから、大人も喘息になる確率は決して少なくないことがわかります。

大人喘息の場合、子どもの頃からの喘息が再発するケースもあれば、子どもの頃はいたって健康で喘息の症状もなかったのに、大人になってから急に発症したというケースもあるようです。また軽症や中等症の人でも、生命にかかわる激しい発作を起こすこともあるので油断できません。

大人喘息の怖いところは、まだあまり世間に認識されていないために、自分でも喘息にかかっていると自覚しにくく、治療を放置してしまうことです。かぜを引いたタイミングなどで急に悪化して重症化することもあるようです。

喘息は放置しておいても自然に治る病気ではありません。根気良く治療を行わないと、改善することは難しいのです。喘息かもしれないと感じた際には、すぐに呼吸器科などの医療機関を受診することをお勧めします。

喘息での治療はインヘラーをよく使用しますが、なかでもアスタリンインヘラーは心臓に問題を抱える方でも安心して使用できると言われています。日本ではまだ厚労省から認可されていないので、『お悩み宅急便』といった海外医薬品専門の通販サイトで注文・購入して届けてもらうことをお勧めします。